2010年02月09日

もう一人の自分

どうしようもない自分の情けない行動を
どうしても書き残しておかなければと思い、
記録する事にする。

先週の木曜日。
業界の電気会社の偉い人が出る新年会的な行事に
若輩者ながら僕は会社の代表として参加した。

周りには年配の人が多く、
自分が気軽に話を出来る人はそんなにいなく、
緊張しながら参加した。

会場はいわゆる料亭。

おもてなしを存分に受けられる、
素晴らしいところなんだけど、
自分の記憶が、ある所から全く無いのだ。

宴会場に入ると、席を決めるためのくじ引きが行われた。

運が悪い事に、かなり上座で、
唯一隣になりたくなかった、
とある会社の社長さんが隣に座った。

まぁ、隣に座りたくない理由が、
たくさん飲まされるからなんだけど、
案の定ガンガン日本酒をつがれ、
負けじとガンガン飲んだ。

20時半にお開きになったみたいなのだが、
24時半に帰宅するまで、所々しか記憶がない。

自分がダメダメだった証拠がいくつかあがってきた。

[チャコの証言]
・21時に電話で話した第一声が
「酔っ払った〜」だった。
・その時は大門で22時半に家につくと言った。
・22時半に帰って来なかったので
電話をかけたのだが、電話には出ず、
やっと繫がったのは23時半。
浜松町にいると言われた。

経過時間2時間半。
移動距離大門→浜松町
歩いていける距離だ。
あるいたのか?

便利な世の中、スイカの履歴を確認してみた。
大門→新橋 都営線
新橋→定期(東京経由)

浜松町の改札を通った形跡が無い。

新橋から山手線で浜松町まで移動。
そこからの記憶は国分寺まで無い。

どうやって帰ったのか。
帰巣本能?

とりあえず乗車マナー守れていた自信は皆無。
御迷惑をおかけした方、
すみませんでした。

朝青龍の気持ちがわからなくも無い。

名刺入れには知らない人の名刺が2枚。

こわ〜。

GPSでの管理が必要かもな。
posted by スミス at 09:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。